パワーストーンって本当に効果があるの? 石との相性診断や浄化の仕方も説明!

最近は、女性だけでなく男性も、手首にパワーストーンのブレスレッドをつけている人を多く見かけるようになりましたが、そもそもパワーストーンって本当に効果があるの? と思ったことありませんか?

今回は、パワーストーンの「効果」について、お話します。

パワーストーンはなぜ石によって効果が違うと言われているのか、そもそもその力はどこから来ているものなのか。

ただ持つだけよりも、力の意味を知ったほうが、よりパワーを感じられるようになるかもしれません。

また、石との相性の見方や浄化の仕方、パワーが感じられない時の原因と対処の仕方もお伝えしていきます。

パワーストーンって、そもそもなに?

パワーストーンは、地球上の土の中から採れる天然の鉱物です。場所や周りの土質など、様々な環境によって石には硬さや色等の違いがありますが、それぞれの石によって特定の波動があります。

その特定の波動が、人間の望みの種類や効果別として用いられています。

また、パワーストーンの色はチャクラとも関係があり、チャクラと対応する石を持つと、そのチャクラを調整してくれる役割があります。

【パワーストーンとチャクラの相関関係】

チャクラチャクラの場所パワーストーン
第7チャクラ頭頂部白、紫レインボークォーツ、
アメジスト、
水晶、ダイヤモンドなど
第6チャクラ眉間よりやや上藍色、
インディゴブルー
ラピスラズリ、
タンザナイト、
スギライトなど
第5チャクラアクアマリン、
ターコイズ、
サファイアなど
第4チャクラ胸の中央エメラルド、
ローズクォーツ
ペリドット、翡翠など
第3チャクラみぞおち黄色シトリン、
アラゴナイト、
トパーズなど
第2チャクラ丹田オレンジカーネリアン、
サンストーン、
タイガーアイなど
第1チャクラ尾骨ルビー、ガーネット、
オニキス、
ヘマタイトなど

パワーストーンは専門店で購入できますが、値段が高い石はあまり採れない希少価値の高い石、比較的安い石はわりと入手が簡単な石というのは宝石と同じです。

ただ、パワーストーンはカットの仕方などで優劣が決まるのではなく、透明度や欠けがないかなどで値段が変わるようです。

パワーストーンの持つ効果や力自体も、透明度の高いものほど良いとされるものが多いです。

パワーストーンって魔法の石?

パワーストーンは、石の持つ力が人間に直接なにかしてくれるというわけではありません。持っていれば運が向いてくるかもしれませんが、それは石が魔法かなにかで持ち主を幸せにしてくれるのではなく、石の波動が人間の波動に作用していることによる変化です。

この世に存在するものには、すべて波動があります。動植物や鉱物、水、音、そして喜怒哀楽などの感情まで、ありとあらゆるすべてです。

石にもやはり波動がありますが、すべての石がパワーストーンというわけではありません。

良い波動を出す石が、パワーストーンとしてあるわけですが、持つ人との相性があり、相性がよければその石の持つ波動によって、持ち主の波動も変化し、望みが叶ったり幸運に恵まれたりするのです。

つまり、持ち主と相性の良い石が、その人の波動を調整し、良い方向へと導いてくれるということです。

パワーストーンとの相性の見方

では、石と自分と相性がいいかどうかは、どうやって見分けるの? という疑問が出てきますよね。

一つには、なんとなく気になる、惹かれるという石があった場合には、そのときあなたに必要な石であることが多く、その石との相性も良いという考え方です。「石に呼ばれた」という言葉もあるように、あなたが心身を調整したい時や、望みを叶えるために変化したいと欲している時に必要な石が、自然と気になります。

また、叶えたい望みのためにパワーストーンを買ったけれど、「効果がない」「持ってから運が下がったような気がする」と持ち主が思っている場合、その石との相性は良いとは言えません。

あるいは、もしかしたら相性はいいのに、その石の力自体が下がっているという可能性もあります。そんな時には石を浄化する必要があります。浄化については、後ほどお伝えしますね。

さて、今すぐできる相性を見分ける簡単な方法として、Oリングテストをご紹介します。

Oリングテストは、次のようにします。

パワーストーンの相性を知るOリングテストのやり方

Oリングテストは、筋肉反射を使った診断方法です。代替治療として整体院などでも使われています。

Oリングテストは人差し指と親指で輪っかを作り、治療者がその輪っかを持って指が離れるようにします。その時の筋肉の強弱で、薬や治療法の相性を見極めます。

この方法は、パワーストーンの相性を見るのにも応用できます。通常は二人一組で行いますが、一人でやることも可能です。

【やり方】

  1. 身につけているすべてのパワーストーンを外す
  2. 人差し指と親指でOKサインを作る
  3. 反対の手の人差指と親指をOKサインの中に入れ、指を外側に開くように、OKサインを作っている人差し指と親指を離そうとする(その際、離れない程度の力加減を覚えておく)
  4. 次に、パワーストーンをOKサインを作る手に身に着け(他の指で触るだけでも可)、再び同じテストをしてみる

OKサインが先ほどの力より弱い段階で崩れてしまったら、そのパワーストーンとの相性はよくありません。

反対に、OKサインがより強固になった場合は、相性はバッチリです。

これなら店先でもできないことはありません。気になる石があったら、購入する前にこっそりやってみてください。ただ、あまりにも長時間試していると、店員さんに不審がられるのでご注意を。

パワーストーンを浄化する方法

それでは、石の力が弱ったとき、石を浄化する方法をお伝えしますね。パワーストーンは様々な波動を浴びると自然にエネルギーが弱まってしまうので、定期的に浄化することをおすすめします。

浄化する方法は7つあります。

  1. セージで浄化する
  2. 水晶で浄化する
  3. 水で浄化する
  4. 月光浴で浄化する
  5. 音で浄化する
  6. 日光浴で浄化する
  7. 塩で浄化する

では、やり方を説明します。

セージで浄化する

セージはハーブの一種で、浄化に使うのは乾燥したホワイトセージの葉です。天然石を扱うお店や、アロマやハーブを取り扱う専門店で手に入れることができます。

皿状の器に入れた乾燥セージを燃やし、その煙にパワーストーンをくぐらせることで、浄化ができます。

水晶で浄化する

水晶は強力な浄化力を持っているので、私たちの波動だけでなく、他の石も浄化できるパワーストーンです。

水晶のそばに浄化したい石を置いてもいいですが、オススメはさざれ石(細かなクラスター)を器に入れ、その上に浄化したい石を置く方法です。この方法で、1〜3日置いておきます。

また、水晶には色つきのものもありますが、無色透明の水晶が一番適しています。

水で浄化する

水は流水がよく、流れている水に1時間ほど石をさらしておきます。水は水道水でかまいません。

水道の水を普通量で1時間も長しているとかなりの水道代になるので、ごく細く水を出して行うのがおすすめです。

浄化が終わったら、傷つけないよう柔らかい布などで拭いておきましょう。

月光浴で浄化する

月の光は石を浄化してくれるエネルギーがあります。特に満月が良いですが、月の光が弱い新月以外なら、どの形の月でも有効です。

月光浴をする時は、月明かりが届く窓辺などに置いておきます。外に置いて直に雨風にさらさないように気をつけましょう。

音で浄化する

音の波動でパワーストーンを浄化するのも良い方法です。

音叉、クリスタルベル、ヒーリング音楽など、波動の高い清らかな音を石に聞かせることで、石の波動に共鳴させてエネルギーをクリーンにします。

日光浴で浄化する

太陽の光も、意志を浄化するエネルギーがあります。ただし、日光は光が強すぎるので、長く当てると色あせなどをし、逆効果になってしまう場合があります。

日光浴をする時は、午前中の太陽が高く昇らない時間帯にし、10分〜1時間以内にとどめましょう。

塩で浄化する

実は、塩での浄化は一番強力ですが、同時にリスクも伴います。塩に弱いパワーストーンがあるからです。

【塩に弱いパワーストーン】

アンバー、アズライト、アラゴナイト、オパール、カルサイト、クリソコーラ、スギライト、セレナイト 、ターコイズ、チャロアイト、パイライト、フローライト、ヘマタイト、マラカイト、ラピスラズリ

上記以外の石なら、天然塩を器に敷き詰めて上に置いておくか、塩の中に埋めておくと良いでしょう。ただし、時間は10分程度とし、長く触れさせないようにしましょう。

また、金属のついているアクセサリーは、金属反応で侵食する恐れがあり、サビの元となるので避けましょう。

浄化するタイミング

浄化するタイミングですが、まずはパワーストーンを購入したらすぐに行いましょう。

お店などで購入したパワーストーンは、流通の過程でたくさんの波動を浴びています。まずは汚れを落とし、まっさらな状態に戻してあげましょう。

その他は、石が疲れていると感じた時や、一月に1度ほどのペースで浄化するのがおすすめです。

パワーストーンのまとめ

パワーストーンについて、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

パワーストーンには天然の鉱物で特定の波動があり、その色はチャクラとも深い関わりがあります。特定のチャクラを調整したい場合には、対応したパワーストーンを使うのが効果的です。

また、パワーストーンは持つ人との相性があり、相性がよくないと効果もあまり期待できません。相性をみつけるために、Oリングテストをご紹介しました。すぐにでもできるので、お手持ちのパワーストーンで試してみてくださいね。

パワーストーンには定期的な浄化が必要です。石のエネルギーは外界の様々な波動で落ちてしまうからです。

浄化の方法として、次の7つを紹介しました。

  1. セージで浄化する
  2. 水晶で浄化する
  3. 水で浄化する
  4. 月光浴で浄化する
  5. 音で浄化する
  6. 日光浴で浄化する
  7. 塩で浄化する

日光浴と塩は、リスクも伴うので慎重に行ってください。

パワーストーンと上手につきあえば、あなたの波動を調整し、力強い味方になってくれることは間違いありません。

アクセサリーとしてもおしゃれなパワーストーンは持つだけで気分も上がります。ぜひ、地球の大地の力を、生活の中に取り入れましょう!