【夢診断】工事の夢はどんな意味?あなたの現実を反映する13の解釈

工事現場や改築、建物や河川、道路などが工事をしている夢は、今あなたに何かが起きていることを表します。

一体何が起きているのか気になりますね。

ここでは、工事に関する夢について、説明していきます。

1.工事の夢の基本的な意味

工事や建設などの夢の基本的な意味は、変革・変容・転換期などを表します。つまり、人生がステージアップするという前兆の、とても良い夢です。

夢の中に登場するものごとは、すべて自分自身の心を象徴するものです。何かを作ったりするのも変容や変化の兆しですが、対象物が大きくなればなるほど、現実での変化も大きなものということになります。

ただし、工事をしている場所や状態、周りに人がいるかどうかなどによって、解釈は違うものになります。
それでは、細かい夢の解釈を見ていきましょう。

2.工事現場にいる夢・通る夢

夢の中にいる場所が工事現場だったり、工事現場を通る夢を見た場合は、報酬や賞を得るのに必要な過程が順調であるということを表します。

今何かを目指してやり始めた仕事や継続中のプロジェクトなどがあったなら、それは順調に進んでいるということです。

3.工事現場を眺める夢

工事現場をしげしげと眺めている夢は、これからあなたに内的あるいは外的な変化が訪れることを示しています。道路工事なら将来の選択肢が増えることや進路の変更ビルや家などの建物なら、ステージアップや自分自身の自信が確固たるものになるということです。

また、井戸や油田、温泉などを掘り起こす夢の場合は、あなたの中に眠っていた才能が開花することを意味します。

4.新しいビルや建物が建つ工事現場の夢

平地に新しいビルや家などの建物が建つ夢を見た場合は、あなたの中の自信がより強固になり新しい自分を建設していくという意味になります。

建物の規模によって、一般住宅なら個人レベル高層ビルや大きな公共施設なら社会的な立場や役割などに関わる変容があるでしょう。

5.建物を解体する夢

建物などを解体する夢は、それまであった古いものを取り壊して前に進むことを現します。今までの価値観や状態が崩れるため、一時的に混乱するかもしれません。しかし、古いものを壊さなければ新しいものを受け入れることができない場合があります。解体の夢は、そんな現状を打破し新しい未来に進むことを示しているのです。

6.家を新築する夢

家は人生や家族の象徴です。近い将来、人生に大きな転機が訪れたり、実際に転居することを意味します。結婚や家族が増える、一人暮らしをする、再就職するなど運気が上昇する兆しです。

ただし、改築やリフォームの場合には、人生の見直しが必要かもしれないということを教えてくれる夢になります。人間関係や仕事のしかたなどを見直し、さらに頑丈で住みやすい家(自分自身)にするのでしょう。

7.工事現場で働く夢

工事現場で働く夢は、自分自身を変えたいと思っている強い気持ちを表しています。現実でも、自らの手足を動かして、変えよう・変わろうとしているかもしれませんね。

仕事への向上心など、社会での活動を意欲的にしたいという夢で、運気は上昇傾向にあります。

ただし、工事現場で働く人を見る夢は、少しオーバーワーク気味である場合が考えられます。気持ちは仕事にノリノリですが、体は疲れている可能性があります。気分転換をするために時間をとったり、意識して運動をしてみてもいいかもしれません。

8.工事で進めない夢

行く先が工事で阻まれて進めない夢は、今のままで進むのはちょっと注意が必要だと教えてくれています。工事が終わればきれいな道路になって進めるかもしれません。しかし、現在工事中で足止めを食らっているのですから、別の迂回路(選択肢)を考える必要があるのかもしれないということです。

また、夢の中で誘導員が迂回路を案内してくれた場合は、選択肢が他にもあることを示しています。

9.工事でトラブルに合う夢

工事現場を通ったら事故にあった物が落ちてきた、工事中の道路が陥没したなど、工事でなにかしらのトラブルに合う夢は、あなたの中で起きる変化に邪魔が入る兆しです。

成長するためには一時的に停滞したり、時には挫折感を味わうことがあるかもしれません。しかし、それでも少しずつ進んでいけば、やがては工事が終わります。進んでいる道は合っているので、トラブルが起こっても粛々と進むことです。

10.工事の音がうるさい夢

音がうるさいというとネガティブな感じがしますが、決してそうではありません。工事の音がうるさい夢は、あなたの中での変化の激しさを表すからです。

もし、夢の中で「音がうるさくて嫌だなぁ」と思っていたら、自分自身の変化に気持ちが追いついていない可能性があります。ものすごいスピードで次から次へと変化が起こっているので、気持ちがすこしうんざりしているかもしれません。時には休養をとり、気持ちを一旦落ち着かせましょう。運気は確実に上昇していて、近い将来良いことが起きるかもしれません。

11.工事の終わりに立ち合う夢

工事の終わりは長い変化や変革の終了を意味します。その夢を見た時に、もしワクワクして嬉しい感情だった場合は、変化が起こった後に期待以上だったり充実した気持ちを感じることができるでしょう。

しかし、がっかりしたり「やっと終わった」といううんざりした感情だった場合は、現実で起こる変化に対しても期待通りではないことが考えられます。

12.工事の作業員が印象的な夢

工事そのものよりも作業員が印象的な夢を見た場合は、基本的な工事の夢の解釈に作業員の意味がプラスされます。その作業員は現実で起こる変化のヒントを与えてくれているかもしれません。

作業員が持っているものが示す数字や実際に言った工事終了の日時などは変化が起こる(または終わる)日を教えてくれています。また、作業員の着ている作業服がドロドロの場合には苦戦していることを、きれいな作業服ならあまり苦戦せずに乗り越えられることを示しています。

13.工事に使われる重機が印象的な夢

工事に使う重機はいろいろなものがありますね。ブルドーザーが印象的だった場合には、大きな力で変革する必要があることを教えてくれています。また、掘削機などは掘り起こすことを表すため、あなたの才能を掘り起こされるという意味があります。トラックが忙しく土砂や建材などを運ぶ夢は、あなたにとって有益な経験が次々と起こるという意味でしょう。

工事の夢のまとめ

工事の夢は基本的には運気上昇の吉夢です。大きな工事ほど、あなたの人生に起こる変化も大きいでしょう。ただし、工事現場は危ない場所でもあります。成長に停滞やトラブルはつきもの。トラブルやアクシデントが起こっても、それも成長段階のひとつと捉えてポジティブに進みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする