【変われないと悩む人へ】今日からできる、自分を変えるための5つのこと

あなたも自分を変えたいと悩んでいませんか?

ダイエットや性格改善、勉強やジョギング……変わりたいのになかなか変われないのが人間です。

変わりたいと思っている人がなかなか行動できないのは、「具体的にどう行動したらいいかわからない」ということが大きな理由です。

そのため、今回は今からでもすぐにできる5つの方法をご紹介します。

  1. 事実と思い込みを整理する(性格改善)
  2. 変わるための目標設定をする
  3. アファメーションをする
  4. 環境を変える
  5. モデリングをする

いくつか、またはすべてを並行して行うことで、あなたは確実に変わり始めます

結果はすぐに目に見えなくても、1ヶ月後、半年後、1年後に振り返ってみてください。

自分でもビックリする効果が分かるはずです。

事実と思い込みを整理する

事実と思い込みを整理するとは、起こった物事にたいして、「事実」と「自分の感情」を整理する方法です。

この方法によって、自分がなにを基準に行動しているか、自分の「幸せ」の価値観を知ることができます

1.「出来事」を紙に書き出す

出来事は1つだけに絞ります。この場合、思い込みや見聞きした事実だけを書き込み、自分の心情や想像したことなどは書きません。

良い例:今日、会社に行ったら、みんなからなんとなく敬遠された気がする。
悪い例:今日、会社に行ったらみんなから無視された。やっぱり私は嫌われている。それに、きっと影で悪口を言われているに違いない。

2.その下に、「自分が思ったこと」を書き出す

事実に対して、自分の「心で思ったこと」のみを書き出してみます。

・私は嫌われていると思う
・影で悪口を言われていると思う

心で思ったこと、頭で考えたことを思い出してみましょう。

3.再び、「2に対しての事実」を書く

2で書いた「自分が思ったこと」を振り返り、それが実際に行われていたか考えてみましょう。
・嫌われている根拠→なんとなく無視された(と感じた)?
・悪口を言った人→いない、自分は聞いていない

こうしてみると、実際に根拠や証拠が客観視できます。

4.さらに、「3を深掘り」する

3で「思ったことに対する検証」ができたところで、ではなぜ自分はそう思ってしまったのかを深掘りしてみます。
・嫌われている根拠→なんとなく無視された?
→なんとなく無視されたと感じた理由は?
→挨拶したのに◯◯さんから目をそらされた
→◯◯さんはなぜ目をそらしたか?
→聞こえなかったかも。もし故意にそらしたなら、なにか私が気に障ったことをしたのかもしれない。
それとも、◯◯さんは機嫌が悪かっただけかも。
・悪口を言った人→いない、自分は聞いていない
→自分の思い込みかも。

5.導き出された4から解決策をみつける

4で、事実では起こっていなかったのに自分の感情がそう動いたのはなぜかを考え、どう対処するかを決めます。

・みんなから嫌われたと感じたけど、実は◯◯さんが目をそらしただけだった。
その理由は分からないので、
1.◯◯さんに確かめてみる
2.しばらく様子を見てみる。
・実際に悪口を聞いていないので、誰か聞けそうな人に聞いてみる、今後注意してみる。

こうして作業を進めてみると、実際に起った出来事と、自分の思い込みを分けて考えることができ、解決策も見えてきます。

変わるための目標設定をする

実際にどう変わりたいか、目標設定をしてみましょう。

目標は逆算して考えてみます。3年後や5年後の自分はどうなっていたいかをまず頭に思い浮かべ、それから1年ごとに逆算してみるのです。

たとえば、「3年後に会社をやめて翻訳の仕事をする!」という目標を立てるとします。

すると、逆算した場合、◯年後にそうなっているためにはなにをすべきかが自ずと分かってきます。

3年後:翻訳で独立!
そのためには…翻訳の仕事で実績を作る
2年後:翻訳で副業を始める
そのためには…フリーランスになる方法、翻訳のルール、確定申告なども調べる必要がある
1年後:英語でネイティブの人とメールのやりとりができるようになる
そのためには…まずは自分の実力に合わせて英語を勉強する
…Facebookでネイティブの人と友達になるなど、メールで実際にやり取りしてくれる人を探す

という具合です。

また、目標を立てたら1ヶ月に1度など定期的に見直し、軌道修正することも必要です。

実際に具体的な行動目標を逆算して立てることで、その時すべき行動が明確になり、それに従って行動すれば、確実に未来が変わっていきます!

アファメーションをする

アファメーションとは、自分に宣言することです。

方法は、

  • 紙に書いて目につく場所に貼っておく
  • 定期的に口に出して読むことで確認し、無意識に刷り込む

などがあります。

成功者は必ずといって良いほどアファメーションを行っています。それだけ効果があるということですね。

※アファメーションに関する効果や具体的な方法は、こちらを読むと詳しくわかりますよ。

ちなみに、ポジティブ心理学が向いていない、効き目を感じられないという人のアプローチの仕方も書いてあります。

読んだらぜひ、こちらに戻ってきてくださいね。

環境を変える

環境というと「場所のこと」だと思いがちですが、ここで言う環境は、場所・人間関係・習慣など、あなたをとりまくすべてのことです。

  1. 場所を変える
  2. 人間関係を変える
  3. 習慣を変える
  4. 断捨離をする

これら外側から変えることで、自分を変えていきましょう。

場所を変える

場所とは、具体的には居住地や会社などのことです。

住んでいる場所を変えると条件が変わります。交通の便や生活スタイルなどの条件です。

便利になれば使う時間が変わってくるし、緑が多い場所に住めば健康やリラックスの充実度が変わるかもしれません。

また、思い切って自分のやりたい仕事を実現するために、転職するのも「場所を変える」ことになります。

あなたの望む未来に近い場所に身をおくことは、変わるための大きな一歩です。

人間関係を変える

人間関係は、自分を変える上でかなり重要です。

「自分の周りの人5人の収入の平均が自分の収入」と言われるように、自分の周りの人たちは、「自分を象徴する」人たちでもあります。

収入だけによらず、ネガティブな人たちの集団にいれば、自分もネガティブ思考になってしまうし、だらしない生活をしている人のなかにいれば、それが普通になってしまうのです。

ダイエットして変わりたいと思っている人に、一緒に住んでいる家族の中に間食を常にしている人がいると、誘惑が多くてダイエットは難しいでしょう。

自分のなりたい人、自分の手に入れたいものをすでに手に入れている人の近くにいると、自分の価値観が変わり、行動が変わっていきます。

変わりたいなら「自分のなりたい人」の近くに行くようにし、今までの人間関係が好ましくないと感じたら完全に離れる覚悟も必要です。

習慣を変える

習慣を変えることは、人間関係を変えることにも通じるところがありますが、一人のときに習慣化していることを見直すことも重要です。

再びダイエットの話になりますが、夜寝る前に小腹がすいて、どうしても何か食べてしまう人はその習慣を変えましょう。

ただ「食べないようにする」だけではモチベーションが続きません。

モチベーションを保つには「その習慣を続けることによって、どんな怖いデメリットがあるか」を知ることが有効です。

たとえば夜寝る前の間食についてなら、「人間の胃は消化までに6時間かかるので、寝る前に食べてしまうと目覚めた時に空腹状態にならず、便秘気味になる」

「また、寝る前に食べると血糖値が上がり、肝臓で脂肪に変わり脂肪が増える」などです。

この情報を知っておくと、「やったらダメージが大きい」と頭で理解できているので、リスクを侵すことが怖くなりますよね。

習慣を変えるには、ただ変えるだけでなく、「なぜ変えるのか」という意味付けありきで行動しましょう。

また、「環境を変える」にも通ずることですが、そもそも「お菓子など間食できるものを生活からなくす」という方法も有効です。

しようと思えばできることを物質的に不可能にしてしまえば、強制的に習慣を変えることができます。

断捨離をする

断捨離はご存知の通り、部屋の中を整理して不要なものを処分することです。

不要なものを溜めておくと、部屋の中が雑然となるだけでなく、スペースがふさがって新しいものが入れられませんよね。

断捨離が流行っているのは、断捨離は精神面にも影響があるからなんです。

断捨離で不要なものを処分し部屋がスッキリすると、気持ちもスッキリとし、新たな気持になります。

古いものを処分すると、古い「記憶」にも決別することができるからです。

今までの自分から新しい自分に生まれ変わる「儀式」として、断捨離は効果的です。

モデリングをする

モデリングとは、「自分の理想の人」「将来なりたい人」にすでになっている人のまねをすることです。

なにをモデリングするかというと、その人の生き方や思考です。

「人間関係を変える」という部分でもお話したとおり、自分がなりたい分野ですでに成功している人のそばにいれば、その人の思考と行動がわかります。

そして、理解したら同じことをやってみることが重要です。

一緒に行動していれば、自然と同じことをするようになってくるでしょう。

お茶を飲むことひとつとっても、今まではファストフードなどで済ませていたのが、その人と一緒にいることでホテルのラウンジでお茶することになるかもしれません。

読む本も変わるでしょうし、生活も変わってくるかもしれません。

最初は戸惑うことが多くても、繰り返すうちに「そうすることが当然」という価値観の変換が起こります。

お茶をしたくなったら、マクドナルドではなく足が自然とラウンジに向いてくるということです。

つまり、モデリングをすると「自然と自分のセルフイメージが変わる」ということです。

セルフイメージが上がれば、恒常性によってその状態をキープし、「それが当然の自分」になっていきます。

もしかしたら、モデリングは自分が変わるための一番の近道かもしれません。

今日からできる自分を変える5つのことのまとめ

今日からでも実践できる、自分を変える5つの方法をご紹介しました。

人間は楽な方へ流されがちですが、具体的な行動の方法が分かれば自然と変わることは可能です。

  1. 事実と思い込みを整理する(性格改善)
  2. 変わるための目標設定をする
  3. アファメーションをする
  4. 環境を変える
  5. モデリングをする

この5つは今からでもすぐにできるものばかりです。

さらに、ダイエットや勉強などは、環境を変えればすぐにやり始められます。

ぜひ、目標達成のために、また自分を変えるためにトライしてみてくださいね。