夢占い|雨の夢を見たら吉夢? 降り方で分かる雨の夢の意味10パターン

雨の夢は基本的には「浄化」や「癒し」を表します。雨は不浄を洗い流してくれるものであり、大地を潤し、作物を育ててくれる「恵み」の象徴です。

ただし、大洪水になりそうな大雨や予期しない夕立などは、意味が異なります。

雨の夢を見たなら、その雨がどんな状態だったかを思い出してみてください。あなたの見た夢は、どんな雨の夢でしたか? またその時の感情はどうでしたか?

ここでは、様々な雨の夢の意味を10パターンご紹介します。

本降りの雨の夢

本降りの雨の夢は、感情を発散する夢です。

あなたは今現在、なんらかのストレスを抱えているのではありませんか? 本降りの雨の夢は、現実世界で抑圧している感情を、夢の中で発散して浄化しています。

雨は、涙を思う存分流したときと似て、あなたの心の中を洗い流したいというサインです。

ソフトな雨、しとしとと降る優しい雨の夢

ソフトな雨や、しとしとと降る優しく温かい雨は、これまでの努力が報われる前兆です。近い将来成功や勝利をおさめるかもしれません。

また、恋愛においては、片思いの人なら振り向いてくれる可能性があり、恋人がいる人はより絆が深まるという意味です。

土砂降り、激しい雨の夢

土砂降りのような激しい雨をみた場合、2つの意味があります。一つは通常時に見る夢、もう一つは現在不運が続いているという時に見る夢です。

通常時に見る激しい雨の夢

通常時に見る激しい雨の夢は、心が動揺していることを示しています。

あまり気にしていないと思っている心配事を、実は自分が思っているよりも気にしていたり、なにか失敗を恐れていたりする場合があります。

また、最近環境の変化があり、まだ気持ちが追いついていないのかもしれません。

恋愛面では異性にもてあそばれている可能性があるという警告です。心あたりがあるようなら客観的に観察し、相手の言動や行動に注意しましょう。

現在不運が続いている人が激しい雨の夢を見た場合

現在不運が続いている人が激しい雨の夢を見た場合は、現状が好転するという意味です。

思いがけないことで運気が上昇し、続いていた不運からもうすぐ抜けられるという暗示です。

なかなかやまない雨、長雨

なかなかやまない雨や、何日も降り続いているような長雨は嫌ですよね。

夢の中でなかなかやまない雨や長雨を体験した場合は、心配事が発生するサインです。

なにかが起きてもどっかりと腰を据えて対処できるよう、心の準備をしておきましょう。

にわか雨、夕立の夢

にわか雨や夕立は、一時的な雨です。夢の中でもそれは同じ意味を持ち、にわか雨や夕立の夢は一時的なスランプや気持ちの落ち込みを表します。

ですが、雨が止めば虹が出るように、一時的なスランプや落ち込みの後はそれを覆すような良いことがやって来ます。今は落ち込んでいても、あとから挽回できると信じてじっと待ちましょう。

雷雨の夢

雷が混じった雨の夢を見た場合は、雨というより雷の意味合いが強くなります。雷雨に遭遇した夢は吉夢で、雷は突然のひらめきや直感を表します。

なにか素敵なアイデアを思いついたり、現状を打破するひらめきがやってくるでしょう。

また、仕事運、対人運、恋愛運、金運もアップします。

あられの混ざった雨の夢

あられが混ざった雨の夢は珍しいですが、なにかラッキーな出来事が起こるサインです。

特に、金銭面でラッキーなことが起こる率が高く、臨時収入や思わぬところからの収入があるかもしれません。

嵐の夢

嵐の夢は、心が大きな変化を起こしていることを示す夢です。

現在少々混乱していて、感情的に不安定だったり気持ちがコロコロと変わっているのかもしれません。

ですが、嵐はずっとは続かず、嵐の去った後は問題が解決し、心も浄化されるでしょう。

雨と風が混ざる嵐は、現在休息やリラックスが必要だと教えてくれていますので、心が不安定な時は、温かい食べ物や飲み物でリラックスし、たっぷりと眠るなど心身を休ませるよう心がけましょう。

一方、嵐の中につかの間の晴れ間を見る夢は、吉夢です。混乱のさなかに思わぬ幸運がやってくるか、問題がきっかけとなって運気が上昇するという前兆なので、チャンスを逃さないようにしましょう。

雨上がりの夢

雨が上がるのは、今まで抱えていたトラブルが解決する方向だと示す夢です。

雨は浄化という意味を持つ一方、問題やトラブルという意味もあります。

雨が上がる夢の場合、今までの憂鬱な気持ちや問題が収束し、晴れ間が覗いてくるという意味です。

雨宿りをする夢

夢の中で雨宿りをしている場合、問題やトラブルから一時的に逃れたいという願望を表しています。

一時的に問題から離れても、残念ながらそれは根本的な解決にはなりません。問題に向き合い、根本的解決に臨むことが必要だと教えてくれています。

雨の夢のまとめ

以上、10パターンの雨の夢の意味をご紹介しました。

夢は、現在の自分の状況を知らせてくれる役割があります。

雨の夢は、その降り方や降るタイミングによって意味が異なりますが、激しい雨の夢のように、そのとき自分が置かれている状況によっても意味が違います。現在の自分はどんな状況なのか、どんな精神状態なのかを再確認し、心の準備を促してくれているのかもしれません。

止まない雨はありません。吉夢でない時は落ち込むのではなく、その状況でしっかりと対処法を考え、雨が止むことを信じて待ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする