【夢診断】結婚する夢は吉夢?その10通りの意味とは?

自分が誰かと結婚をする夢を見ると、「私、近いうちに結婚しちゃうのでは?」とワクワクするかもしれませんね。

しかし、結婚する夢はもっと深い意味があります。誰と結婚したかシチュエーション等によって、内容が示す意味が変わるからです。

今回は、結婚の夢の意味について取り上げていきたいと思います。

1.知らない人と結婚する夢

知らない人と結婚する夢は、欲しい物が手に入るという吉兆です。また、もし今なにかトラブルなどがあるなら、そのトラブルを克服して成長できるという暗示でもあります。

「知らない人」はこれから出会う物事の象徴です。結婚は英語で言うとmarriage(マリアージュ)で、食べ物の最高の組み合わせのときなどにも使いますよね。これから出会う何かと結婚することで、欲しいと思っていた物が手に入れられたり、飛躍的に成長・向上できるという兆しです。

2.恋人と結婚する夢

現在の恋人と結婚する夢は、願望が多分に入っている可能性が高いです。そろそろ結婚したいなと思っている気持ちを、夢が代弁してくれている可能性があります。

ただし、「手に入れたい」という気持ちが大きくなりすぎているかもしれません。自分だけの気持ちを押し付けて1人で先走らないよう、恋人の気持ちを考慮することも忘れないようにすると、素敵な関係が続きますよ。

3.知り合いの恋人と結婚する夢

知り合いの恋人と結婚してしまう夢を見た人は、自分の夫や恋人に不満を抱えているかもしれません。隣の青田ではありませんが、「浮気願望がある」と注意してくれています。夢に出てきた人が実際に対象になるわけではありませんが、実生活でトラブルなどにならないよう気をつけてくださいね。

信頼できる同性の人に話してストレスを発散したり、直接本人と話し合ったりして、気持ちを溜め込まないようにしましょう。

4.元カレや元カノと結婚する夢

以前付き合っていた人と結婚する夢をみた場合も、現状に不満があることを表しています。「もし元カレや元カノと付き合っていたらどうなっていただろう」という気持ちが、どこかにあるのかもしれません。

5.友人・知人と結婚する夢

「どうしてあの人と?!」というような、気のない友人や知人と結婚した夢を見た場合は、近い将来自分にとって心強い味方になってくれる可能性を示しています。

また、この夢は「自分の中の気づいていない才能」があるという意味でもあります。やりたくても躊躇していたことがあるなら、思い切ってやってみると新しい可能性の扉が開くかもしれません。

6.親・兄弟と結婚する夢

自分の親や兄弟と結婚する夢を見て、びっくりしたりゾッとしたりした人もいるでしょう。ただ、夢の中に出てくる人やものは、すべて「象徴」です。

親や兄弟が夢に出てきた場合には、「超えられないもの」や「トラウマ」の場合があります。そして、それらと結婚したということはクリア(克服)した・または近いうちにクリアできるということです。

結婚は融合の象徴なので、受け入れ難かったものを受け入れられる様になるという意味もあります。

7.芸能人と結婚する夢

芸能人と結婚する夢は、夢に出てきた芸能人に象徴されるものを手に入れられる・または自分の中にその芸能人が持つ要素と同じものがあるという示しています。

たとえば夢で結婚した相手が、愛されキャラの人気者のお笑いタレントだとしたら、あなたは人気がアップし、誰からも愛される立場になる可能性があるということです。

8.結婚式に参列(参加)する夢

参列している結婚式が知り合いのものの場合は、恋愛運が上昇します。また、人脈(協力者)が広がるという夢でもあります。ただし、あなたが既婚者の場合には、夫婦間で小さなトラブルがあるかもしれないという暗示なので、日頃の言動や態度に気をつけましょう。

もし知らない人の結婚式に参列している場合は、大きな試練が来るという暗示です。しかし、「行動すれば必ず乗り越えられるので、消極的にならずに立ち向かいなさい」と無意識が教えてくれている夢でもあります。

9.結婚式の準備をしている夢

結婚の夢は自立チャレンジも表します。自分の結婚式の準備をしている夢を見た場合は、自立心の高まりや、新たなチャレンジをしようとしていることを示しています。

ただし、準備がなかなかはかどらないという夢の場合は、現状のままでは失敗することを意味しています。計画の再チェックや見落としなどがないかどうか、確認してみましょう。

10.結婚式にトラブルが起きる夢

自分が結婚式に遅れる夢は、大きなチャンスを逃してしまうという意味です。チャンスが目の前に来たら、見逃さずにキャッチできるようにアンテナを張っておきましょう。

また、相手が遅れてきた・来ないという夢を見たら、思いも寄らないトラブルに巻き込まれる可能性があります。もしもトラブルが起きたら、柔軟に対処できるように落ち着いて行動してください。相談できる身近な人を見つけておくのも良いでしょう。

結婚の夢のまとめ

結婚は、育ってきた環境などが異なる人同士が一緒に生活していくことです。そのため、結婚の夢は「異なることと共に歩み始める」「新しいものを受け入れる」という意味があります。

また、結婚は一生のうちにそう何度もあるものではありません。人生の大きなイベントの象徴として夢の中に表れてきます。結婚の夢を見たなら、何か大きな人生の変化が訪れる可能性があることは間違いないでしょう。

夢が事前に知らせてくれているので、どんな変化にせよ冷静に対処していきたいものですね。