チャクラとは?|チャクラを知ると自分の課題や病気が見えてくる!

ヨガや気功などが一般的になり、チャクラという言葉はよく耳にするようになりましたね。

でも、詳しくはよくわからないという人も多いのでは?

チャクラについてよく知ると、人生の中で今自分が取り組むべき心の課題病気が見えてきます。

今回は、チャクラのしくみを分かりやすく説明し、チャクラを大解剖します!

人生をより良く生きるために、ぜひご活用ください。

チャクラとは

チャクラとは、一言で言うと人間の体に流れる見えないエネルギーのことです。

チャクラは体の脊髄に沿って配置されている7つのエネルギーの出入り口で、一つひとつは花のような形をしています。

それぞれのチャクラからは、エネルギーの流れが体の内側(前面)から出て外側(背面)をまわり、再び内側に入るように脊髄を軸に、時計回りにらせんを描くように体の周りを巡っています。

その様子から、サンスクリット語の「車輪」を意味する言葉「チャクラ」と名づけられました。

チャクラは人によって大きさが違い感情によって開いたり閉じたりしています。

心や身体が健康なときは、チャクラは開いていますが、なんらかの不調があるときにはその部所に対応するチャクラは閉じています。

このことに関しては、この後詳しくご説明していきますね。

それぞれのチャクラの位置

チャクラにはそれぞれ異なった色がありますが、それは各チャクラの回転速度が違うからです。

色と波長は回転速度に関係があり、早い回転のチャクラは波長が短くブルーに近づきゆっくりとした回転のチャクラは波長が長く赤に近くなります。

チャクラの位置は、次のようになります。

チャクラ 体の部位

第7チャクラ 頭頂部

第6チャクラ 眉間の少し上

第5チャクラ 喉仏の下

第4チャクラ 胸の真ん中

第3チャクラ みぞおちとおへその間

第2チャクラ 丹田

第1チャクラ 会陰(生殖器と肛門の間)

それぞれの花の形をしたチャクラが色んな速度で閉じたり開いたりしているのですから、目に見えたらさぞキレイでしょう。

それぞれのチャクラの意味や働き

チャクラにはそれぞれの意味や働きがあります。各チャクラにはテーマがあり、体の部位にも対応しています。

このことから、ヨガやヒーリングでチャクラを整えて、健康な心身を保つことができるのです。

また、弱い部位に応じた色を取り入れることで、チャクラが整うことからカラーヒーリングなどにも使われています。

それでは、チャクラの心と身体について、詳しく説明していきます。

チャクラと心

チャクラにはそれぞれのテーマがあり、生き方や性質に大きく反映されています。

第1〜第5チャクラまでは主に肉体に関するもの、第6チャクラは感覚や精神に関するもの、第7チャクラは霊性や宇宙との繋がりに関するものです。

第7チャクラ 霊性、自己を超越し宇宙と一体化する

第6チャクラ 直感、精神の成熟、思考力、ビジョン、分析

第5チャクラ コミュニケーション、自己表現、創造性

第4チャクラ 感情、愛情、信頼、慈愛

第3チャクラ 自信、意志、個性、自我

第2チャクラ 感受性、情緒バランス、欲求

第1チャクラ 生命力、情熱

また、各チャクラの影響は、例えばつぎのような傾向として表れます。

第7チャクラ 強い すべてにおける絶対的な信頼、未来への不安がない
弱い 自分の居場所がない、ストレスを感じいつも疲れている
第6チャクラ 強い 直感力に優れている、物事の本質を見る、知性に偏らない
弱い 想像力が弱い、判断力に欠ける、内省力に欠ける、被害妄想
第5チャクラ 強い コミュニケーション力が優れている、思ったことを言える、判断力がある
弱い コミュニケーションが苦手、言いたいことを言えない
第4チャクラ 強い 愛情に満ち溢れている、感情豊か
弱い 感情が希薄、自己中心的
第3チャクラ 強い 自分軸で生きている、自分に自信がある、ブレない
弱い 自分に自信がない、人からの評価や人の目が気になる
第2チャクラ 強い 情緒が安定して穏やか、人としての健全な欲求がある
弱い 情緒が不安定になる、性的依存の傾向がある
第1チャクラ 強い 生活力がある、パワーに満ち溢れている
弱い 生活するたくましさや根性、粘り強さに欠ける、自己否定感がある

自分の性格傾向などを振り返って当てはめてみると、どのチャクラにブロックがあるのかが分かります。

強化したい場合、強化したいチャクラの色のものを身につけることで、弱い部分を保管できますよ。

チャクラと病気

心と身体は決して無関係ではありません。チャクラの視点で見ると、身体のホルモンや内分泌系、内臓などと密接なかかわりがあります。

チャクラは内側と外側の気を循環させ、人間の生命活動をコントロールするものだからです。

チャクラの位置はだいたいそのまま内蔵の位置に相当していて、離れている場所でも生理的には深いつながりがあります。

では、チャクラとそれに関係する身体の部位をご紹介します。

第7チャクラ 脳、皮膚
第6チャクラ 目、神経系
第5チャクラ 喉、甲状腺、副甲状腺、気管支
第4チャクラ 心臓、肺、循環器系
第3チャクラ 胃、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、消化器系
第2チャクラ 生殖器、膀胱、腰
第1チャクラ 腎臓、副腎、腸、骨格、足

特に、生きる基盤となる第1〜第4チャクラが盤石でないと、身体が弱く病気がちになります。

ヨガやマインドフルネスなどでチャクラを整えることで、弱い部所を強化することができるので、日頃から整えることを心がけたいものですね。

チャクラを整える5つの方法

チャクラを整えるには、次のような方法があります。

  1. ヨガ
  2. 瞑想・マインドフルネス
  3. ヒーリング
  4. アロマ
  5. パワーストーン

よく「チャクラを開く」ことを、霊的な能力が開花することとされますが、チャクラは健康な状態であれば開いています

チャクラが良い状態であれば、適度なスピードを保って回転してますが、これが「チャクラが開いている」状態です。

逆に、一つのチャクラが開きすぎて他のチャクラとのバランスが取れなくなることもあり、チャクラが開くことと悟りを開くこととはイコールではありません。

チャクラが良くない状態だと、チャクラの大きさ(エネルギー)が小さい、回転速度が不安定、逆回転するといった問題が生じます。

他のチャクラとのバランスを保ちながらその部分が開ければ、癒しや成長とつながり身体も健康になります。

では、各方法を自分で実践できるツールをいくつかご紹介しますね。

ヨガ

ヨガはたくさんの教室などがありますが、動画でも自宅でできる方法が数多く紹介されています。

初心者向けです。自律神経を整えたい人にオススメ。

クンダリーニ・ヨガの動画です。

【YOGAポーズの教科書 綿本彰:著】

日本ヨーガ瞑想協会会長による、ヨガポーズの辞書的な解説書です。

ヨガを本格的にやるなら、ぜひ持っていたい一冊。

瞑想・マインドフルネス

瞑想やマインドフルネスは、身体を動かすのではなく呼吸などに意識を集中して心を整える方法です。

【〜1日10分で自分を浄化する方法〜マインドフルネス瞑想入門 吉田昌生:著】

マインドフルネス瞑想の入門書です。

チャクラを整える音楽です。

ヒーリング

オーラ・チャクラヒーリング

関東圏で施術を行っているヒーリングサロンです。

【病気の原因はチャクラが教えてくれる 橋本良典:著】

治療家を目指す人やセルフヒーリングをしたい人向けの良質な本です。

アロマ

アロマはサロンなどでセラピーを受けるのが一般できですが、自宅でアロマポットやディフューザーを使って焚くこともできます。

アロマオイルの芳香は、鼻腔から直接脳に届くので効果があります。

夫々のチャクラに対応するアロマは、こちらで詳しく述べていますので、気になるチャクラのアロマを調べてみてくださいね。

パワーストーン

パワーストーンは、弱くなっているチャクラの部分を補ってくれる、パワーを持つ石です。各チャクラの色に準じたものが有効です。

第7チャクラ

アメジスト、チャロアイト、レインボークォーツなど

第6チャクラ

ラピラズリ、タンザナイト、アシュライトなど

第5チャクラ

ターコイズ、アクアマリン、ラリマーなど

第4チャクラ

ローズクォーツ、ロードクロサイト、エメラルドなど

第3チャクラ

シトリン、イエローオパール、アラゴナイト、タイガーアイなど

第2チャクラ

カーネリアン、サンストーン、オレンジガーネットなど

第1チャクラ

ルビー、ガーネットなど

パワーストーンを日常生活の中に取り入れれば、気軽にチャクラを整えることができますね。

チャクラのまとめ

チャクラとは、人間の精神や肉体を健康に保つためにエネルギーを循環させるための出入り口です。

7つのチャクラはめには見えませんが、脊髄に沿って配置されており、神経系や内分泌系、ホルモンなどをコントロールする他、心理的な面においても深いつながりがあります。

それゆえ、チャクラを整えると、自分の弱い部分を強化できたり、癒やしを得たりすることができます。

今回は、チャクラを整える方法として次の5つの方法をご紹介しました。

  • ヨガ
  • 瞑想・マインドフルネス
  • ヒーリング
  • アロマ
  • パワーストーン

サロンに行って専門家にチャクラを整えてもらうほか、自分でもできる方法がたくさんあるので、自宅で気軽にチャレンジしてみたいという人は、ご紹介した方法を是非試してみてくださいね。