【夢診断】血が出てくる夢は金運や運気上昇のサイン?血の夢の意味

血が出てくる夢を見ると、目が覚めてからゾッとしたり、何か意味があるのかなと思ったりしますよね。

血が出てくる夢は、生命力の高まりや金運上昇など様々な意味があります。ここでは、血が出てくる夢について詳しくご紹介します。

真っ赤な鮮血が出てくる夢

夢の中に血が出てくる場合、鮮血かどす黒い血かで判断が大きく分かれます。

色鮮やかな鮮血が出てくる夢は、生命エネルギーの高まりや、金運、仕事運の上昇、悩み事が解決するサインです。血というと怪我や死に直結するのでネガティブなイメージがありますが、夢の中では逆の意味になることが多いのです。特に色鮮やかなものはポジティブな意味と捉えて良いでしょう。

どす黒い血が出てくる夢

どす黒い血が出てくる夢は、ちょっと注意しなければなりません。健康や仕事、金銭面でのトラブルへの警告だからです。もし臭いやドロドロ、ヌメヌメした感触があるなら不調を強調していることになります。いつもより注意を払って生活しましょう。

自分が怪我をして血が出ている夢

自分から血が出ている夢は、鮮血なら運気が高まっている証拠です。特に恋愛面で問題を抱えていたり、金銭面、仕事面で憎悪や激しい感情を伴う悩みごとがあったとしても、自分以外の外因的な要素が働いて解決していくことを暗示しています。

血が出ている理由が怪我であっても鼻血であっても、勢いよく吹出しているほどエネルギーが高まっているので解決後の喜びも大きいでしょう。ただし、先走ってせっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。運気が高まっているときほど周りを見渡して落ち着いて行動しましょう。

血を吐く夢

吐血や嘔吐の夢は、体調不良やストレスが溜まっていることを暗示しています。ただし、血を吐いた後の感情で判断が分かれます。血を吐いた後にスッキリしていれば、今抱えている問題は解決していきます。しかし、血を吐いた後に苦しかったり気持ち悪かったりした場合には、運気や体調が下降してしまうと夢は教えています。ストレスを発散して気力や体力を回復し、体調管理に努めましょう。

血尿が出る夢

現実世界で血尿が出ると病気を考えますが、夢の中で血尿が出てスッキリしたのあれば、それは良い兆しです。心のなかに持っていた憎悪や妬みなどの悪い感情が浄化され、金銭、仕事、恋愛運が上昇していきます。しかし、血尿が出てスッキリしなかった、不安になったという夢の場合は、意味が反対になります。人間関係、金銭面、仕事上のトラブルや健康を崩すことなどが起こる可能性があるので注意しましょう。

ナイフや包丁で刺されて血が出る夢

人から刃物で刺されて血が出る夢は、吉夢です。刃物で刺されるということは人生を切り開くという意味があります。苦手な物事を克服したり、何か新しいことをして成功するという暗示です。加えて刺されたところから出血した場合には、過去のことが浄化される意味になります。人から刃物で刺される夢を見ると、「怖い夢を見た」と思いがちですが、実は人生の転機を経験するというとても嬉しい夢なのです。

出血して死ぬ夢

夢の中での死は、「死と再生」と言うように喜ばしい吉夢です。これまでの自分から脱皮し、新しいステージに上ることを意味しています。失血死の場合もこれにあたります。ただし、出血が止まらない状態を経ることからも分かるように、一時的に苦しいことを体験するかもしれません。しかし、一時的な苦難の先には思いもよらぬような解決策が待っているので安心してください。金銭トラブルや恋愛面でのトラブル、人間関係、仕事面でトラブルを抱えている人は、近い将来解消されるでしょう。

出血が止まらない夢

出血が止まらない夢は血の色や臭いに関わらず、ちょっと意味合いが異なります。誰かが自分を騙そうとしているか、そう感じているのかもしれません。もし心当たりがある場合は、周りをよく観察して早急に手を打ちましょう。特定の人物がいるならできるだけ穏便に距離を置くようにし、違和感を感じる出来事からは離れることをおすすめします。

生理の出血が印象的な夢

生理の出血が多い夢や生理の出血が印象的な夢は、疲労が溜まっていたり体調が不良になっていることを教えてくれています。規則正しい生活を心がけ、栄養のある食べ物や質の良い睡眠を摂り、体調を整えましょう。また、精神的にストレスが溜まっている人は、自分にご褒美をあげてください。マッサージや休暇のほか、きれいなものを見る、おいしい食べ物を食べるなど心が喜ぶことをしましょう。

血溜まりを見る夢

血溜まりを見る夢も、その色によって意味が異なります。鮮血の血溜まりの場合には生命力や金銭運、仕事運、恋愛運などが高まっている暗示です。反対にどす黒い血溜まりの場合には、生命力や気力、体力が低下していることを示します。忙しすぎてストレスが溜まっている人は、十分な休養を取って生活リズムを整えましょう。また、金銭運や仕事運、恋愛運も低迷期になるため慎重に行動しましょう。

血痕を見る夢

血痕は、過去の自分の象徴です。血痕を見て安堵したり喜んでいる夢は、過去の苦労やトラブルを乗り越えられたことを意味しています。しかし、血痕を見て不安になっている場合には、まだ乗り越えられていない、解決していないことを意味します。

血痕を掃除する夢は、過去のトラブルや苦労を一旦整理したいと思っていることを示しています。血痕をきれいに掃除できれば心のなかで過去について整理できたことを表し、掃除してもきれいにならなかった場合には、まだ未解決ということです。

血まみれになる夢

まるでスプラッター映画さながらに血まみれになる夢は、血が出るそれぞれの夢の意味を強調しています。鮮血なら大きな昇進や臨時収入、恋愛が成就して結婚に発展するなど、より運気が上昇していることを示します。逆にどす黒い血なら不慮の事故に巻き込まれて怪我をしたり、思わぬ病気が見つかって治療が必要になるなどの健康上の問題や、大きな金銭の損失などのトラブルが起こる可能性があります。

血まみれの死体を見る夢

血まみれの死体は、大きなダメージから回復することを意味しています。今大きなトラブルや苦難の渦中にいる人は、絶望的な気分を味わっているかもしれません。しかし、近々解決して良い方向に向いていくことを、夢は教えてくれています。今はじっと辛抱してできることをやっていれば、事態は好転します。早く逃れたいあまりに突飛な行動をしたりギャンブルやうまい話に誘われたりせず、人事を尽くして天命を待ちましょう。

血を飲む夢、なめる夢

血を飲む夢や血をなめる夢を見る時は、あなたの健康状態があまり良くない場合です。ただし、鮮血なら生命エネルギーの象徴なので、それを飲むということになると現状から脱して回復していくという意味になります。健康の回復とともに生命エネルギーも高まっていくので、金運や仕事運、人間関係の運なども上昇していきます。

ただし、血を飲んで気持ち悪くなったり吐いてしまった場合には、今よりも状況が悪くなるという警告なので、きっちりと休養をとったり栄養価の高いものを食べるなどして体調を整えしましょう。

血をなめる夢を見た場合は精神的なコントロールがきかなくなっていることを示しています。ストレスや欲求不満などが爆発寸前になっているかもしれません。ストレスを発散したり原因を取り除く努力をして、改善したほうがよさそうです。

人の血を見る夢

自分ではなく人の血を見る夢は、知人の場合にはあなたがその人に対して抱いている感情を映し出しています。鮮血ならその人が絶好調であることを、どす黒い血なら反対の意味を示します。また、知人と自分の共通点があるなら、その部分に関して自分の運気の意味となります。例えば趣味が同じなら趣味に関してスキルアップしたり、仕事上の知り合いなら仕事の上での変化となります。知らない人の血を見る場合は、自分の血を見る夢と同等の意味があります。

夢に出てくるものは基本的に自分自身の象徴です。まったく知らない人の場合には自分の象徴として現れますが、知人の場合にはその人に対する自分の感情が反映されます。

血の夢のまとめ

血の夢は、鮮血または良い感情を伴うなら吉夢、どす黒い色や不安な感情は警告夢です。夢は良い悪いという判断を下しません。いつも本当の自分や現在の状況を教えてくれるだけです。もしも夢判断で悪い結果が出たとしても、フラットな気持ちで対応することで回避できることもあります。落ち込まずに冷静になることを呼びかけてくれていると思い、夢に感謝しましょう。すると、より夢を見るようになって人生の助けとなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする